【刺しゅうカレンダー2022発売記念 作家インタビュー<special企画> 】

|

2021.10.21

【12月編】マカベアリスさん

10月21日に発売の「刺しゅうカレンダー2022」リリースを記念して


1月から12月までの刺しゅうカレンダー制作にかかわってくださった

12人の刺しゅう作家さんにインタビューさせていただきました。


後編では、7月から12月までご担当いただいた作家さんからの

メッセージをお預かりしています。


12月は、マカベアリスさんに制作していただきました。



…………………………………………………………………………………………………………

■刺しゅう作家になられたきっかけを教えてください

…………………………………………………………………………………………………………

友人に誘われて、グループ展に刺しゅう作品を出展した事から、

ギャラリーやショップのオーナーにお声がけ頂き、

作品を販売するうちにいつの間にか「作家」になっていたという感じです。


…………………………………………………………………………………………………………

■作品づくりで大切にされていることをお伺いさせてください

…………………………………………………………………………………………………………

植物を主なモチーフにしているのですが、

生き生きと見えるような図案作りを心がけています。

あとは配色にも気を配ります。


…………………………………………………………………………………………………………

■お気に入りの刺しゅう道具、手芸道具があれば教えてください

…………………………………………………………………………………………………………

・糸切りばさみ

(ドイツのゾーリンゲンのもの)

・目打ち

(リネンを裁断する際、織糸を抜く。そうすると布目に沿ってまっすぐに切れるので。)



…………………………………………………………………………………………………………

■今回の刺しゅうカレンダー作品に込めた思いをお聞かせください

…………………………………………………………………………………………………………

クリスマスの時期ということで、糸の色は赤と緑を中心に使いました。

「天から祝福が降りて来る」ようなイメージです。


…………………………………………………………………………………………………………

■最後に受講生の皆様にメッセージをお願いします

…………………………………………………………………………………………………………

色とりどりの糸を使い、ひと針ひと針描いていく刺しゅうは、

時間がはかかりますが、それだけにできた作品への愛着は一入だと思います。



先を急がずに丁寧にステッチを刺していくことが、上達への近道だと思います。



ライタープロフィール

・CRAFTINGスタッフ マガジン担当

CRAFTINGでマガジンを担当しています。

先週3連休、鎌倉の海に行った際に
新成人の方がたくさん浜辺で
写真撮影されていました。

\新成人の皆様、おめでとうございました/

お天気が良かったこともあって
同じ浜辺でご夫婦やご家族で
お散歩されている方も多くお見かけしました。

特別な年、特別な日。
何気ない日常のなかの一日。
どちらも大切な時間ですね。

刺しゅうカレンダーは、毎日を大事に
過ごしたくなるあたたかな作品がつくれるレッスン。

第二弾が発売スタートしました。
2022年の皆様のHappyな時間に寄り添えますように。
ぜひお楽しみください。

皆様、今、何の手づくりを
楽しんでいらっしゃいますか?

【刺しゅうカレンダー2022発売記念 作家インタビュー<special企画> 】(12)